うつ病は入院で回復する【周囲にも影響が出てしまう】

症状に合う治療を行う

ハート

様々なタイプがあります

体に不調があった時は医療機関で治療が行われますが、心の不調がある場合もやはり治療は効果的です。うつ病は精神疾患で代表的な存在で、多くの人が治療を受けています。そしてうつ病と一言に言ってもそれぞれ症状は違いがあります。比較的軽症の人もあれば、時には入院が必要となるほど重症化する例もありますし、鬱状態だけではなく躁状態が現れる人も少なくありません。まず、大うつ病性障害の場合は気分がしずむ、悲しくなるなどの抑うつ気分が起こりやすく、仕事や趣味への興味が低下するといった症状も出やすくなります。さらに食欲の低下や増加、不眠や睡眠過多などの睡眠障害が起こることも多くなっています。うつ病は抑うつ気分が続くだけではなく、逆に躁状態が起こる人もあります。うつの症状がありながらも、時には極端にハイテンションになる躁状態になる場合もあり、この場合は双極性障害が疑われます。症状が極端化するので、薬の調整が難しいこともあり、そうした場合は入院治療で薬を調整することもあります。近年注目が高まっているのが、新型うつ病と呼ばれる病気です。これは仕事の時等は気分が落ち込み、遊びなど楽しいことをする時は元気になるので、仮病や怠けと捉えられてしまう場合もあります。薬の効果が出にくいのも特徴的で、若い世代に多い症状です。長く気分が落ち込むことはつらいですし、躁状態など極端な気分の変化は本人がつらいだけではなく周囲にも影響が出てしまうこともあります。時には学業や仕事にも影響が出てしまうこともありますが、こうした症状も治らないというわけではなく、それぞれに合う治療を受けることで良い改善が期待できます。うつ病の治療は時には入院がすすめられることもありますが、比較的軽症であれば通院で対応できることも多くなっています。うつ病の薬にも色々な種類がありますが、症状や体質によって合う薬は違いますので、まずはどのような症状なのかを確認しそれぞれに合う薬の処方が行われます。薬を使った治療は良い改善が期待できますが、考え方を改めることや、心の悩みを解消することも再発防止に役立ちますので心理療法や行動認知療法、カウンセリングなども併用されることがあります。それから、うつ病ではしっかりと休息を取ることも大事ですが、自宅ではゆっくりと休養できる環境が整っていないという人もあります。そんな場合は入院でじっくりと休養を取ることも考えていきたいところです。うつ病が悪化すると不眠や仮眠、食欲の減退や増加などで生活も乱れがちですが、病院では規則正しい生活が行えますので、乱れていた生活のリズムを整える効果も期待できます。

Copyright© 2018 うつ病は入院で回復する【周囲にも影響が出てしまう】 All Rights Reserved.